「パンくずリスト」の役割と使い方を理解しよう

パンくずリストとSEO効果

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

「パンくずリスト」とは、Webサイト上でユーザーが現在のページの位置を確認できるようにするナビゲーションの一つです。 例えば、あなたが「ウェブデザインについて学ぶ」というタイトルのページを見つけた場合、パンくずリストは「ホームページ > ウェブデザイン > ウェブデザインについて学ぶ」といった形式で、あなたが現在閲覧しているページの位置を示します。

このように、「パンくずリスト」は、ユーザーにとって非常に便利で、ウェブサイト内をスムーズに移動することができます。さらに、パンくずリストはSEOにも非常に重要な役割を持っています。検索エンジンは、パンくずリストに含まれるキーワードを認識し、サイトの内容に関するより正確な情報を得ることができます。つまり、適切なキーワードを使用することで、サイトの検索エンジンランキングを向上させることができます。

「パンくずリスト」とは、Webページ上部に表示される階層型ナビゲーションです。ユーザーが現在表示しているページの位置や履歴を示すためのものです。設置する事でSEOの観点で好影響がありWebサイトに不可欠なナビゲーションとなっています。今回は「パンくずリスト」の意味やSEOの効果についてご紹介します。

目次

「パンくずリスト」とその役割

Webサイトのナビゲーションの一種でWebサイトの階層や現在の閲覧ページを把握するためのものです。下の図で「パンくずリスト」が「トップページ>教育・文化・スポーツ>観光>東京の観光情報」といった形で表示された場合、検索エンジンはそのページがどのカテゴリーやサブカテゴリーに属するページであるかを理解しやすくなります。このように、「パンくずリスト」が正しく設置されている場合は、ページの階層構造を正確に把握しやすくなり、それによって検索結果の精度が向上する事が期待できます。ユーザーは検索結果から直接目的のページにアクセスする事ができ、ユーザビリティが向上することが期待できます。

「パンくずリスト」があることで上層のページはどんな内容なのか確認できたり、トップページに戻ろうと判断して移動できる為、ユーザーがサイト内で迷いづらくなります。

パンくずリストについての図解

「パンくずリスト」の由来とは

「パンくずリスト」の語源とは、グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」から来ているという説が一般的です。森の中に連れ去られるシーンでヘンゼルが機転を利かせて、道しるべとしてパンくずをまいたエピソードがあり、それに由来しています。英語では「Breadcrumb List(ブレッドクラムリスト)」と呼び、ユーザーが迷子にならないように設置するリストの事を意味しています。それが日本語訳の用語として「パンくずリスト」になりました。

「パンくずリスト」設置のメリット

ユーザビリティの向上に繋がる。Webサイト内に現在位置をすぐに認識できる為、ユーザーにとって必要な情報を見つけやすくなる。

クローラビリティの向上に効果的。パンくずリストがあることによってサイトの構造が明確化され、クローラーが回遊しやすくなるためです。

クローラーとはインターネット上に存在するWebサイトを巡回し、情報をデータベースに登録する為のロボットのようなもの。

「内部リンク」としても効果的。内部リンクとは同一サイト内のページ同士を繋ぐリンクの事で、「パンくずリスト」は「内部リンク」とみなされSEOに有効とされています。

「パンくずリスト」設置の注意点

誰からでも分かりやすい階層構造やカテゴリー分類にすることが大切です。現在位置がわかりやすく、たどった経路を戻りやすいように、リンク構造を意識したつくりにすることです。そうすることでユーザーの利便性の向上に繋がります。又、SEO対策用キーワードをパンくずリストに含めると検索順位が上がりやすい傾向にあります。パンくずリストは基本的にページの上部に設置します。

WordPressのテーマやプラグインによってはページの上部と下部の2か所に表示することもできます。縦長のサイトには有効な場合があります。テーマによっては、「パンくずリスト」の機能が実装されている場合あります。

ヒナちゃん

他に注意する事はありますか?

トシリン

過剰にキーワードを詰め込むのは不自然になり、ユーザーを混乱させる基になるため注意が必要ですね。

【WordPressのおすすめプラグイン】

「Breadcrumb NavXT」プラグインをインストールするだけで特に設定の必要もなく簡単に「パンくずリスト」が設置されます。

ユーザーにとって使いやすくサイト内の回遊性を高めるためにも、「パンくずリスト」は設置したい要素になります。又、「サブディレクトリ」を有効に活用することでユーザーにとってわかりやすいサイトを構築することができます。

【サブディレクトリについてはこちら】

あわせて読みたい
「サブドメイン」と「サブディレクトリ」の活用方法 Webサイトの運営において、「サブドメイン」と「サブディレクトリ」の使い分けは重要なテーマの一つです。サブドメインはURLの一部であり、サブディレクトリはURLのパス...

Webサイト制作におけるSEO対策としても非常に効果的です。サイトの改善策としても取り入れてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次